1回生スキー旅行について
こんにちは
今回も約1週間ばかし日記をかくことに踏み出せずにいました,どうもすいません小西です

バームクーヘンは今日もおとついも食べました

そんな私は今朝,記念すべき1回生初の旅行でもあるスキー旅行から無事帰ってきました

多少の筋肉痛と鞭打ちの痛さは否めませんが
それ以上に
「あ~このメンバーが同じ1回生でよかったなぁ
と思えた、とても楽しい旅行になりました


が 最初はほんとにスキーなんてしにくるんじゃなかった、と思いましたよ

なんせ私は初心者運動音痴のチキンだから滑れるみんなの足をひっぱりまくり

コケるわコケるわ

疎外感と申し訳なさで凹み始めましたが 私並に滑れず転がってる人が1人

タダノ

しかしこの人が私と違うのは
恐怖心が欠如しているところ

命知らずです

友達からおされ~なウェアを借りてたタダノは若干ウェアが大きかったものの、ピアスと茶髪が手伝ってかいつもの何倍もかっこよく見えてたのに、

へっぴり腰で斜面を猛スピードで笑いながら滑っていってやっぱり転んでいるタダノは

そのウェアすら残念でした★


そんな風にタダノのコト言ってる私はもっと残念だったと思います

でも残念なほど滑れなかった私を
クレメンツとじゅんじゅんは根気強く教えてくれました

きっとスキー上手い組と一緒にいろんなところ滑りかったろうに,,,

滑り出した瞬間に転がっている私を救出してから
即座にまた暴走して転がっているタダノのもとへ行って救出してくれてた
クレメンツ

「じゃぁな-次は左に体重かけろ-」「大丈夫,止めてやるからな-」と優しくほのぼのレッスンしてくれた
じゅんじゅん

2人はスーパーマンでした

急な斜面で霧が濃いのにめっちゃスピード出しちゃって
転んで帽子とゴーグルと板吹っ飛んでおいてきぼりくらってるところ,
クレメンツは遠いところから来て救助してくれて
でも結局立てずにその斜面は転がって降りることを決意した私を
ちょっと知らない人の振りしつつ、距離をおきつつ、ゆっくり一緒に滑ってくれたクレメンツの優しさ。
感動ものですね

猛スピードで笑いながら滑ってくタダノに負けず嫌い精神が刺激され調子のって私も笑いながらスピード出した結果
やっぱり派手にころんで板が雪にぶっささってどーにもこーにもならなくなった時
じゅんじゅんは私のひざが変な方向むいてるのを気にしつつひっぱり上げてくれました
ほんとに優しい男です


転んだ回数を重ねるごとに
私の起き上がるスピードも比例して速くなりました

転ぶ と 起きる がまるで一連の動作のようにスムーズにいくこともしばしば

クワモト氏は私を「リカバリーの女王」と呼びました、ありがとう

スキー初体験なのにクワモト氏はスキーの上手いやまはる&桜子ペアと共にいろんなとこ滑ってたようです

クワモトいわく「スキーは滑れない気がしない」そうな。


ちょっと休憩してた後、やまはる&桜子ペアwithクワモト氏,じゅんじゅん,呉さん,藤井どん,うーさんはまだ滑ると言いました。

難しそうなとこ楽しみに行く雰囲気がびんびん出てたので私は止めました

みんなをあっこ、ちえちゃん、さーちゃんで休憩所みたいなところから見送りました。

眩しい雪山を険しい眼差しで見る藤井どんの顔の濃さはいつもの3割増し

スキーの靴をズボンの中にしまわないスタイルのうーさんは長靴をはいた農家の人に見えた

みんなのあとをへこへこついていくタダノはウェアがもはや園児のスモックにしか見えなくて可愛かった

雪山に向かって行くみんなの後ろ姿をみて変な人ばっかりだな、と思いつつ皆好きだな-と思いました


もう書きたいこといっぱいありすぎなんですけど
長いので夜の様子をさらっと!

夜のトランプもたのしかったね
大富豪ビギナーたち(特にさーちゃん)の予期せぬカードの出し方。
それにつっこむクワモト氏。
「あとで覚えてろよ」とつぶやく〇ーちゃん

いびきの眠り姫 〇子

寝てたのにポテチの関西だししょうゆ味を開ける音に目を覚ます 〇っ子

どぅーん!という効果音をつけてカードをだす、〇ま〇るは自分的に勝負に出てきたんやろうけど、
ビギナーであるためやっぱりカードの使い方が意味不明だから
どぅーん!という効果音が虚しくなってしまったよね

お菓子のかすをこぼさないようにとゴミ袋に顔つっこんでお菓子を食べた結果、過食症患者みたいになってしまった姿をパパラッチされたち〇ちゃん


みんなおもろい


企画とか引率とか全部がんばってくれた桜子 ありがとう

いい思い出できた


今回来れなかった人も次はみんなで行きませう

では長くなってゴメンなさい!

明日クワモト氏が1回生のおみあげ持ってくる予定なんで

クワモト氏にバトンタッチします

ちえ-〇の写真、貼っちゃってよ!


スポンサーサイト
2010-03-03 11:47 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://ritsusuka.blog82.fc2.com/tb.php/438-b329def6
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--