入管なんて大嫌い!!
バブルを生き抜いた男こと椿下からまさか回ってくるとは思わなかった法学部1回生の藤井翔大です。



さて、早速自己紹介をしたいところですが、とある家庭事情につき自己紹介が二十歳にならないとちゃんとしたものができないので、今自分自身が把握している事を紹介したいと思います


まず一つ目に辛さをあまり感じないことです
某カレーチェーン店の10辛をぺろりと食べてしまいました・・・
店員さんも大丈夫みたいな顔をされましたがぜんぜん大丈夫でした

これも母国の血がさわぐ

じゃなくて、ただの味覚音痴であることを祈りたいです・・・



二つ目は自分はホントに映画や劇が好きであるということです。

そこでこの場をお借りして最近みた映画の紹介をしたいと思います

その映画とはズバリ沈まぬ太陽です


なぜかはまだ聞かないでください

この映画はなんと上映時間が3時間22分もあり、最近では珍しく上映のあいまに10分間のインターミッションがあります。
主人公を演じているのはこの映画の舞台あいさつで感極まって男泣きをしていた渡辺謙さんです。


見に行かれる方もいらっしゃると思うのでストーリーではなく、とある1シーンについて語ります。
渡辺謙さんと石坂浩二さんが昔の羽田空港で話すシーンがあるのですが、もちろん現在の日本に昔の羽田空港の面影が残っている空港は存在しません・・・

そこで、そのシーンには海外の空港が使用されました!


勘の鋭い方はもう分りましたよね

その国とはなんと



・・・



・・・



・・・



タイだったのです。


さすがは母国の空港だけあってなつかしくなって映画館で涙が

日本の空港にも負けない尊大さをスクリーンを通して感じました。



また、途中では中学校時代に出身疑惑の渦中にあった国、ケニアも登場するのでぜひ映画館まで足を運んで観てください。




最後に私事ですが、時期は未定ですが自分とタイに行ってくださる方を募集中です!!

自分が現地人にとけ込んでしまってはぐれても大丈夫な方は大歓迎です




このあたりで自分のダイアリーを終了して次の人に回したいと思います。

次の人ですがダイアリーをつい最近まで知らなかったという齋藤慎介ことうーさんにバトンタッチ!!


これまでの自分の他愛もない文章に付き合っていただきありがとうございました





スポンサーサイト
2009-10-27 02:52 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://ritsusuka.blog82.fc2.com/tb.php/400-07bc4914
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--