天パーは病気ではありません。
天パーに生まれて19年

それを意識するのも終わりを迎えようとしています

天パーいじるのは最低です

街中で天パーを見つけたら、

優しく見守ってあげて下さい

どうも、吉村です


とうとう回ってきてしまいました

しかし、

書くことに困る僕です


なのに、

『早く書けや~』

椿下君にそういわれたので、

なんか書きます。。




早朝、ヤツはやってくる

俺の快眠を妨げるヤツの声、

意地悪そうなヤツの目、、

俺は恐怖すら覚えた。。


やつはなぜか平和の象徴と崇められる。


しかし、

俺はやつに殺意を覚えた



俺の家にはやつ除けのネットが張ってある。

しかし、
ヤツは隙間を見つけて侵入してくる。

俺は隙間を埋める。


しかし、

やつはまた新たな隙間を見つける


『やつの頭脳は俺のそれをはるかに凌駕する』


とりあえず追い出してみる。。


『っ』

なかなか出ていけないヤツ。

ネットに絡まって出ていけないヤツ。。


『お前はどこから入ってきたんだ』



『やつの頭脳は俺のそれをはるかに凌駕する』



嘘だ


やっぱしヤツはバカだった


このままではまずい

毎朝ヤツの声で起きるのは耐え難い。

何よりヤツが家庭を持つのが許せない


俺はヤツを追い出すことにした。。

しかし、どうすればいい

俺のバリケードは
見たところ完璧だ


俺はヤツの一瞬の閃きに感嘆した


俺は仕方なくネットの一部を切り落とした。




一時間後…

『早く出てけやー』

ヤツはまだネットに引っかかってる。


俺はこの場を離れなければいけない。

俺には一限がある。。

俺は戦線離脱を余儀なくされた。。。






帰宅、

ベランダに向かう。



ヤツの姿はそこにはなかった

そこにあるのは、

ヤツの糞まみれのベランダだけであった


ーfinー



これで僕のdiaryを終えたいと思います

正直これが僕の限界です




さて、、

今まで男ばかり続いたので、

次は女の子に回します

『ん~だれにしよーかなぁー』


『そうだメチャクチャ面白いこと書きそうなあなたにしよう』











関根さんお願いしまーす

頑張ってねぇ~


では、アディオス


スポンサーサイト
2009-10-19 17:36 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://ritsusuka.blog82.fc2.com/tb.php/390-8f03187b
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--