新歓の季節です♪
今年は産社の子が入ってくれたらうれしいですね
帰って来ていっしょの授業とかとれたらお互いに情報交換できますから


今日学校でイタリア人に「おまえは柔術をしているのか?」と聞かれました。
やっぱ外人は日本のことをまだ普通にサムライとかがいる国だと思ってるんだーと思い、
「柔術なんてほとんど誰もしてない、柔道の方がまだポピュラーだね。」と教えてあげました。

そのあと、「ところでイタリアのどこから来たの?」と聞いたら
「シシリア」と言われて、「あっ、シチリアね」と思いとっさに「マフィア!!!」と言ったら大爆笑されました。
どうやら勝手に相手の国をデフォルトして知った気になっているのはお互い様のようです。

またそのあと、「おれの名前を日本語で書いてくれ」と言われ、
「いいよ、名前なんて言うの」と聞いたら
「マティア」と言ったのが「マフィア」に聞こえ
「えっ、マフィア!?」と言ったら、また笑われました

いっしゅんリアルに「マ・フィ・ア」と教えてやろうかと思いましたが
それは少々大人げない(もうすこしで23)と思い、ちゃんとカタカナで「マティア」と教えてあげました。

それがいたく気に入ったらしく、腕にでかでかと「マティア」と書いているのを見て、
「やっぱマフィアって教えときゃ面白かったかなー」と思いました。




午後からは引っ越しの準備をしました。

ホームステイは4週間しかとっていないので、そのあとはまたアパート暮らしです。
でも一人暮らしではありません。

物価高のロンドン。特に住宅費はそのなかでも高く、
持家のない人たちはたいていがフラットシェアをします。

フラットというのは日本でいう3LDKとか4LDKみたいなマンションのことです。

つまり、キッチン・リビング・バス・トイレをシェアし、部屋は個別に持つというものです。

こっちでいうルームシェアは、ほんとに一つの部屋を複数人で住むことなので注意しましょう。

そのフラットなのですが、自分としてはかなりナイスなとこが見つかったと思っています。
さほど学校から遠くもなく、家賃も比較的お安い
建物の外観は普通のビクトリア調の家といった感じで庭つき。大きなバルコニーもあります。
部屋は少し狭いけど屋根裏部屋っぽい雰囲気も気に入ってます。
窓からは遠くにセントラルが見えるので夜はちょっとした夜景が
時期によれば花火も見えるとのことです。

フラットメイトのふたりも、とてもきさくなオランダ人で、
ひとりはダンスの先生で、もうひとりはBBCに勤めているそうです。

友達のお泊り可とのことなのでぜひロンドンに遊びに来てくださいね。




スカッシュはまだしていませんし、する予定もいまだ立ってはいませんが、
こっちへ来てすぐに「ISS カナリーワーフ スカッシュトーナメント(たしかそんな名前)」
を見に行きました。

だああああ


まづ驚いたのが、受付に行ったらふつうにピーター・ニコルがいました。ゼロ距離ニコルです。

そのあと、スカッシュ用品のコーナーを物色していたら、
うしろをジェームス・ウィルストロップが通って行きました。ゼロ距離ウィルストロップです。

そして席に座りセミファイナル2試合をみたのですが、特に
「ジェームス・ウィルストロップ対リー・ビーチェル」のゲームは面白かったです。

ゴルティエがまさかの敗退で事実上の決勝戦となったこの試合、
自分は一時期ドロップのフォームをふざけてまねしてたこともあって、ビーチェルを応援していました。
しかしここのところ波に乗っているウィルストロップが若干ゲームを支配する展開が続き、
ビーチェルもショットのバリエーションでなんとか活路を見出そうそしましたが及ばず。
惜しくも負けてしまいました

しかし、はじめて生で見る世界の上位ランカーの試合は
そのものすごい迫力と信じられないパフォーマンスにかつてない衝撃を受けました。

ウィルストロップの頭の様子も生で見た方がはるかにやばかったです。

席も思ってた以上にコートにちかくてグー(←べつにエドはるみをいしきはしていません)でした。

自分はそのパフォーマンスのすべてが凄すぎとしか感じることができませんでしたが、
隣の席の日本人は「特にムービングがやべえじ!!」と言っていました。

最後に疲れきって休んでいるビーチェルもゼロ距離で堪能しました。


つぎはリバプールで行われる「ブリティッシュ・オープン」か
ロンドンで行われる「スーパーシリーズ・ファイナルズ」を見に行くつもりです。





気づいたらけっこうな量書いてしまいました。長々とすいません


ここには書ききれないくらい色々なことが毎日あってとても充実しています。

言葉の壁によってナーバスな思いをするときも多々ありますが
それでもなんとか頑張ってみようと思っています。
「人生はすなわち行」だと思いますので。

遅くなりましたが4回生のみなさん御卒業おめでとうございます。

ともに新天地で頑張っていきましょう。


あっ、あとほとんど誰にも連絡先をいわないまま
ばたばたとしてる間に出発をしてしまいましたので唯一の連絡先を載せておきます。

teruinaoyuki@hotmail.co.jp




さて、前々から「下宿しようと思ってる」とは聞かされていましたが
その詳細についてはまったくしらされていないので、
初下宿生活の近況報告も兼ねてノシタ君にバトンタッチ











スポンサーサイト
2008-04-04 08:00 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://ritsusuka.blog82.fc2.com/tb.php/173-47e63d1c
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--