空想にお金を払う価値はあるのか?
遅くなってすいません、西村君から直接口頭でバトンを受けた河合です



もうすぐ年も終わりですね


今年一年を振り返って良い年だったか悪い年だったか・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・


よし考えるのはやめよう



そういえば先日忘年会がありましたね


プレゼント交換のためのプレゼントを買うためにとりあえずビブレの中をうろついたわけですが


センタープラザを通りかかったらとある知恵の輪系のパズルに一目ぼれ


若干予算オーバーしましたが完全に自分の独断と偏見によりプレゼントはそれに決定しました


ちなみにそれは最終的にはダム女の一回生の元に行ったようです


さらにちなみに僕はお菓子の詰め合わせをもらいました


その中にマカロンがあったんですがマカロンを食べるのは初めてで


ものすごく甘かったですが美味しかったです



で、タイトルの所以は


人生で初めて年末ジャンボ宝くじを買ったということです


自分は割とくじ運はいい方のようで


七夕祭りでの100円のルーレットで二回一等の1万が当たり


商店街の抽選でも一等が当たり


この間のレセプでもでかいラケバが当たり


その強運を頼みについに購入を決意したわけであります


購入したことがなかったので


どんなふうに買えばいいのかよくわからなかったのですが


直前に買ったおじいさんが連番5枚バラ5枚といって購入したので


自分もそれと同じ様に購入しました


はたしてあのおじいさんは福の神か貧乏神か・・・・・・・


しかし宝くじの真価は当たるかどうかではなく


当たった場合を考えた時の空想をすること、夢が持てることにあると思います


この空想はたいていの人は少なくとも一度はしたことがあると思いますが


自分はその空想をする頻度が高い方だと思います


ちなみに今、5000万が当たった時のことを空想すると


残りの学費を自分で払い、一人暮らしをしてみて、
残りをすべて貯金して将来の家の購入費と子供の養育費と学費に当てます


・・・・・・・・・・・これは夢があるといえるのでしょうか


貧乏性なので生活の質の向上とかはむしろ怖いのでしたくないのです


まぁよく言えば計画性があるとも言えます、よしそういうことにしよう




今回はまったく絵文字、その他の字の加工などをまったく使わなかったわけですが


こういうのもありということでいいでしょう



ではこのあたりで次の人に回すわけですが


過去の日記を調べた結果、他の人のダイアリーにたびたび話題として登場しながら


実は自分では今年度の4月以降まったくダイアリー書いていない人を見つけたのでその人に回します


というわけでWAKA NAKAMOTOさんお願いします
スポンサーサイト



2011-12-20 23:56 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--